watanabe

お知らせ

ソフトマター研究会で発表しました

第11回ソフトマター研究会で研究室のメンバーが口頭発表及びポスター発表をしました。 菊地駿太、渡辺宙志「二成分流体系における Rayleigh-Plateau 不安定性の分子動力学法研究」第11回ソフトマター研究会、2023年12月19日、...
お知らせ

共著論文が出版されました

共著論文が出版されました。主に山本さんによる仕事で、モデル化した赤血球の膜の揺らぎを調べることで、赤血球の物理特性を精密に測定できる手法を開発し、実験でも測定可能なスキームを提案したものです。 Title: Energy spectrum ...
お知らせ

物理学会で発表しました。

日本物理学会第78回年次大会(東北大学)で、研究室のメンバーが発表しました。 16aA101-2 慶大理工、山本哲也、渡辺宙志「赤血球モデルの非平衡膜揺らぎに関するスペクトル解析」 17pA101-8 慶大理工、菊地駿太, 渡辺宙志「二成分...
お知らせ

ISMC2023で発表しました

The 7th International Soft Matter Conference (ISMC2023)で研究室のメンバーがポスター発表をしました。 Shunta Kikuchi and Hiroshi Watanabe, 「Effe...
お知らせ

CCP2023で発表しました

34th IUPAP Conference on Computational Physics (CCP2023)にて研究室のメンバーがポスター発表をしました。 "Energy Spectrum Analysis on a Red Blood...
お知らせ

共著論文が公開されました

共著論文が公開されました。主に山本さんによる仕事で、モデル化された赤血球の膜のエネルギーのゆらぎを調べることにより、モデルパラメータを精密に決定する方法を提案したものです。実験と直接比較が可能な量についても論じています。 Energy Sp...
お知らせ

卒業アルバムの撮影をしました

がんばって研究していきましょう。
お知らせ

学位授与式が行われました。

本日、大学院の学位授与式が行われました。渡辺研としてはじめての修士号取得者です。みなさん、おめでとうございます。 学位授与式では、物理情報分野優秀修士論文賞(主任賞)の授与も行われ、当研究室の藤田君も受賞しました。
お知らせ

卒業式が行われました

本日、学部の卒業式が行われました。みなさん、ご卒業おめでとうございます。 DSC_2628
お知らせ

共著論文が出版されました

共著論文が出版されました。主に菊地さんによる仕事で、モデル化した界面活性剤の性質により、液液界面の揺らぎの性質がどのように変化するかを調べたものです。界面活性剤を二原子分子として表現し、原子間の自然長を制御することで界面張力を制御できること...