共著論文が公開されました

共著論文が公開されました。主に山本さんによる仕事で、モデル化された赤血球の膜のエネルギーのゆらぎを調べることにより、モデルパラメータを精密に決定する方法を提案したものです。実験と直接比較が可能な量についても論じています。

Energy Spectrum Analysis on a Red Blood Cell Model
Tetsuya Yamamoto and Hiroshi Watanabe

arXiv:2307.14029